債券の種類と購入

| 未分類 |

債券を購入するときには、その種類を把握しておくことが必要です。公的な発行体が発行するものを公債、あるいは公共債と呼び、民間企業の発行するものを社債と呼ぶ事があります。

公債は信用リスクが低いという傾向がありますが、社債の中にも国債の格付けを上回るものもありますから、絶対に公債のほうがリスクが低いとは言い切れないのですが、傾向としては公債のほうが低リスクです。

基本的な分け方としては、利付債と割引債とがあります。利付債というのは、定期的に利子を受け取ることのできるものです。たいていは、額面金額で購入して、額面金額で償還することになります。

割引債とは利子を受け取ることができないものを指します。企業としては定期的に利子を支払う必要はありませんから、償還までの間に資金が必要になることはなく、これが資金繰りをうまく行うためには適していると考えられます。償還の時には額面金額を受け取ることができます。

利子がない代わりに、購入するときの金額が額面金額よりも安いという特徴があります。購入したときに支払った代金よりも、償還の時に受け取ることのできる金額を受け取ることができますから、これが割引債の利益となるのです。