社債

| 未分類 |

社債とは会社が発行する債券で、一定の期日が到来すると確定額の支払いを受けることができるものです。会社側の観点からは、資金調達手段の一つであり、議決権がないため大量に保有されても会社支配権が奪われることはないというメリットがあります。

株式との違いとして、議決権の有無の他に、まずは会社の業績に左右されないという点があります。株式の場合は会社の業績と連動し、高額の配当を受けることができる可能性がある反面、業績が悪化すれば満足のいく配当を受けることができません。

次に、株式とは異なり一定額の支払いを受けることができ、利息の支払いも受けることができます。もっとも株式とは互換性があり、デッドエクイティスワップという形で利用される場合があります。デッドエクイティスワップとは、会社の業績が著しく悪化した場合に、会社を再建するため、会社に対して債権を有する者がこれを放棄し、株式に替えるという方法で、実務で利用されています。

債権者は会社の業績が向上し、将来配当を受けることで回収を図ることになります。このように、株式とは異なる特徴を有する反面、非常に密接な関係を有しているといえます。基本的に安定した利益を会社から得たい場合に購入すべき債券であるといえます。