通貨による分類

| 未分類 |

債券は色々な通貨で発行されます。払い込みを日本円で行い、利払いや償還も日本円で行われるものを円貨建て債券と呼びます。国内債券と呼ぶ事もありますし、単に債券と呼ばれることもあります。

外貨で発行されるものを外貨建て債券と呼びます。通常は払い込み、利払い、償還が一つの通貨で行われます。ドル建て債券であれば、ドルで払い込みを行ってドルで利払いが行われ、そして償還の時もドルで行われるというのが基本です。外貨が絡んできますから、もちろんですが為替リスクはあります。
一つの通貨ではなくて複数の通貨が関係してくるものを二重通貨建て債と呼びます。デュアルカレンシー債と呼ばれることもあります。これは、利払いと償還が異なるものを指します。日本で発行されるものは、日本円で払い込みを行い、そして日本円で利払いが行われて、償還は外貨で行われるというものが多いです。償還に関しては為替リスクがあると言えるでしょう。

二種類のつうかと言っても色々なものがあって、比較的為替リスクの低いものとしてリバースデュアルカレンシー債があります。これは払い込みと償還を日本円で行い、そして利払いが外貨で行われるものを指します。為替リスクは利払いにしかありませんから、リスクは低いのです。